朝食はコンビニで糖質制限ダイエット&おすすめ低糖質レシピ

こんにちは、アコです。

糖質制限が世の中に浸透して、スーパーやコンビニも低糖質商品がますます増えてきました。

糖尿病などで糖質制限をしている方や糖質制限ダイエットを実践している人には、選べる商品が増えるのでどんどん開発していってほしいものです。

今回は糖質制限ダイエット中でも、忙しい朝にピッタリな朝食をご紹介します。




忙しい朝はコンビニを活用した朝食を!

糖質制限をしているけど朝なかなか起きられない、1人暮らしで料理をしないという人も多いですよね。特に男性は朝食を抜いたり、缶コーヒーだけ、なんて人もいるくらいです。

糖質制限ダイエットをしているけどとにかく時間がないという人は、コンビニを利用しましょう!

糖質制限の定番!ローソンのブランパン

ローソン ブランパン 低糖質パン

出典:ローソン

ローソンのブランパンシリーズは、糖質制限ダイエットをしている人には定番中の定番です。今のところ、コンビニで売っている低糖質パンの中では一番低糖質です。

しかも最近リニューアルされて、今までよりもさらに美味しくなっています!今まではちょっとボソボソした触感がありましたが、牛乳を加えたことでしっとりやわらかな触感に。これは嬉しいですね!

ローソン ブランパン 低糖質パン

出典:ローソン

しかも、さすが低糖質商品の先駆けだけあって、種類も豊富でかなりの低糖質ぶり!糖質制限ダイエッターにとって、ほんとにありがたいコンビニです。

朝は炭水化物が食べたい!という人は、ローソンのブランパンを利用しましょう。

ライザップとコラボ!ファミリーマートの低糖質パン

ライザップコラボ ミニストップ 低糖質パン

ファミリーマートでは、ダイエットで有名なライザップとコラボした低糖質商品を多数販売しています。

もちろん低糖質パンも売っています。

ファミマの低糖質パンの特徴は、ローソンほど低糖質ではない分、パンの味が損なわれていないという点です。

ライザップの低糖質パンシリーズは、1個につき糖質量が10g前後と少し高めですが、その分普通のパンとなんら変わりのない味に仕上がっています。

しっとりモチモチをした触感は、普通の美味しいパンです。

ゆるい糖質制限を実践している人は、このくらいの糖質量ならまったく問題ありません。最近では、低糖質のサンドイッチも販売しているので、昼食に食べてもいいですね!

ミニストップも低糖質パンを販売

ミニストップ 低糖質パン

最近では、ミニストップでも低糖質なブランパンなどを販売しています。ブランパンを使った惣菜パンや、スイーツも販売が開始されました!

ミニストップ 低糖質パン

数年前までは、コンビニでもローソンぐらいしか低糖質商品は扱っていませんでしたが、世の中の流れが確実に低糖質になってきている証拠です。

ただし、低糖質とは言っても糖質量は10g超や惣菜パンに至っては20g以上ありますが、通常のパンよりは低糖質なので、ゆるいロカボな糖質制限であれば全く問題ありません。

ミニストップの低糖質パンとブラックコーヒー、チキンサラダの組み合わせで、十分お腹いっぱいで低糖質な朝食の出来上がりです!

セブンイレブン

セブンイレブン サンドイッチ

日本でコンビニの店舗数が一番多いのは、セブンイレブンです。ですが、一番大手のセブンイレブンは、低糖質商品を取り扱っていません。

これは、糖質制限者にとってはかなりの痛手です。

でもご安心ください!低糖質とはうたっていませんが、低糖質なパンがあるんです!

それはズバリ、サンドイッチ。とくにたまごサンドは糖質量が20g以下と低糖質なんです。他にもミックスサンドやたまごドッグなど、糖質量が20g前後の惣菜パンが数多くあります。

ミニストップの低糖質として販売されている惣菜パンも、糖質量が20g前後なので、同じくらいですね。

サンドイッチなら、炭水化物だけでなくタンパク質、野菜も一緒に摂れてバランスもバッチリ!

近くにコンビニはセブンイレブンしかない!という人は、ぜひサンドイッチを選んでくださいね。

↓セブンイレブンの低糖質商品についてはこちら↓

コンビニランチ パンなら低糖質なサンドイッチを狙え!【セブンイレブン編】




朝食に低糖質のソイプロテインを活用


【100%大豆プロテイン】ジェシカズ・フォーミュラ

こんなのが欲しかった!美味しすぎる低糖質プロテイン

美容に関心のある芸能人やセレブたちは、朝食に野菜たっぷりのスムージーを飲んでいますが、なかなか自分でスムージーなんて作れないし、面倒!

でも朝は何か食べたいという人は、手軽に摂れるプロテインがオススメです。プロテインとはタンパク質のこと。糖質制限ダイエットには、最適な食品です。

「ジェシカズ・フォーミュラ」は大豆100%!生産もすべて国内の工場で作っているので安心です。

しかも「ジェシカズ・フォーミュラ」は、1杯の糖質量が0.7gとびっくりするぐらいの低糖質。これに豆乳や牛乳を混ぜて飲むと、あっという間に美味しい朝食の出来上がりです。

大豆由来のソイプロテインが良いと思います。

テーマパークでのアクション俳優の経験をきっかけにフィットネスについて勉強を始め、ジムのインストラクターをしていました。最近はヨガにも興味を持ち、ヨガインストラクターの資格も取得しています。自分自身、運動をするときは必ずプロテインを飲んでいて、仕事柄、人にお薦めを聞かれることもよくありました。プロテインを選ぶときは、タンパク質量だけでなく原材料や配合成分も気になりますね。美容のことを考えると、やはり女性には大豆由来のソイプロテインが良いと思います。

体がスッキリして、美容の調子も良くなりました。

カラダスッキリでいつまでも若々しくいるために、毎朝1杯のプロテインと週4回のジム通いを習慣にしています。1~2年前から、以前とは違う体のコンディションになってきたので始めました。この習慣を始めてから、ボディメイクだけでなく、美容の調子も良くなった気がします。プロテインは毎日続けるものなので、美味しく飲めるかどうかも大切ですね。ジェシカズ・フォーミュラは、手軽に美味しくタンパク質が摂れるところが気に入っています。

無理なく楽しく体を動かすことを心がけています。

ボディキープと健康維持のため、週に1回お友達と一緒にジムに通っています。続けることが大切だと思うので、あまりキツい運動はせず、無理なく楽しく体を動かすことを心がけています。プロテインは本格的なアスリートが飲むものというイメージでしたが、ジェシカズ・フォーミュラに出会ってイメージが変わりました。軽めの運動でも効率よくカラダ作りをするために、プロテインで上質なタンパク質を摂ることを習慣にしたいと思います。

このジェシカズ・フォーミュラを飲むだけでも糖質な朝食を実現できますが、さらにダイエットを加速させたいのなら、軽い運動を取り入れてみてください!

プロテインとの相乗効果で、燃えやすく、太りにくい、ダイエットボディが目指せます♪キレイにダイエットしたいなら、プロテインを取り入れるのがオススメです。



低糖質グラノーラを朝食に



「あさイチ」でも特集!スーパーフード「キヌア」を使ったグラノーラ

日本初上陸!キヌアのグラノ─ラ『QNOLA-クノーラ-』


こちらも、時間のない人にオススメな低糖質グラノーラです。とにかく作る時間がない!という人は、すぐに食べられる朝食を用意しておくことが重要です。

このキヌアのグラノ─ラ『QNOLA』は、NASAも栄養豊富な栄養食として宇宙に持っていった、完全栄養食「キヌア」がメインのグラノーラです。

スーパーなどで売っている市販のグラノーラは、炭水化物や砂糖がたくさん入っていて、実は糖質が多いんです!体によさそうと思って食べたのに、実は糖質タップリで太ってしまうことも。

このクノーラ(QNOLA)は、1食あたりの炭水化物量8.7g。食物繊維は2.4gも入っているので、実質糖質量は6.3gしかありません。しかもキヌアの他にも、チアシードやココナッツオイル、アーモンドといったスーパーフードがたっぷり入っているんです!

体にいいだけでなく、糖質も少なく朝の忙しい時間に手軽に食べられる、とっても便利なグラノーラ。

はっきりいって、これだけのスーパーフードが入っているものはなかなかないので、体の中からキレイになりたい人や美容に関心のある人にほんとにオススメなのですが、難点は、ちょっと値段がお高い・・・。

ただ商品自体はいいものなので、気になる方は一度試してみる価値はあると思います。

キヌアは、栄養価の高さから完全栄養食と言われる話題の「スーパーフード」

例えば、美しい身体づくりに欠かせないのがアミノ酸。キヌアには、体内で合成することができない9種類の必須アミノ酸全てがバランスよく含まれています。女性の「元気」と「きれい」をサポートしてくれる、鉄分や葉酸、カルシウム、食物繊維や、体内で女性の身体をサポートする成分を豊富に含んでいるのもうれしいですね。

クノーラのようにグラノーラになっているとヨーグルトやサラダと一緒に食べたり、朝食にも手軽に取り入れられるので、忙しい毎日を送る女性に、特におすすめしたいです。

忙しい朝でも、サラッと食べやすい

市販のグラノーラはゴツゴツと固まっていて朝から食べづらいなと思っていたんですが、クノーラはサラサラと食べやすく、そして素材1つ1つが本当にナチュラルな味わいでほっとします。満足感があるので、忙しい朝でも手軽に健康を手に入れられます。

グレインフリー(穀物不使用)が嬉しい!

グラノーラやシリアルは、朝手軽に食べられて保存もきくのですが、炭水化物ばかりで、かつ甘すぎることから健康的でないイメージがありました。クノーラはとても自然な甘みで美味しく、見た目とは違って穀物でないことにすごくビックリしました!常備して、忙しい朝に食べたいです。


朝食に便利?!シリアルについての詳細はこちら。
糖質制限の朝食にシリアルは大丈夫?




オススメ!時短・簡単朝食レシピ

人に見せるわけではなく、自分だけで食べる分には、見た目は関係ありません!低糖質で栄養があれば大丈夫。

ということで、簡単に、かつ洗いものも少ないレシピをご紹介します。

低糖質食パンの卵のせ

食パンにケチャップをのせ、その上に直接卵を落とします。
そのままトースターでパンを焼くだけ!

トロッと出てくる黄身がたまりません。
卵の上にマヨネーズや胡椒をかけて、お好みの味にしてもOK。

卵にもう少し火を通したい人は、卵をお皿におとして、爪楊枝で黄身を数か所さして、ラップをかけ50秒ほどレンジでチン!

焼いたパンの上にのせれば、出来上がりです。

超簡単です!

低糖質食パンの納豆のせ

こちらも同じく、低糖質食パンに、まぜまぜした納豆をのせるだけ。

レシピというには、簡単すぎて申し訳ないくらいです。

納豆の上にはお好みでネギや海苔をのせると、和風サンドイッチの出来上がりです。

あると便利!ヨーグルトやそのまま食べられる野菜

トマトやキュウリ

タンパク質だけではちょっと、という人には、火を使わずに食べられる野菜がオススメです。

特に重宝するのがミニトマトやキュウリ。この野菜は、洗っただけですぐに食べられるので、忙しい朝に大活躍します。

レタスもいいですが、朝の忙しい時に洗う時間がもったいないので、前日にサラダとして作っておきましょう!

茹で野菜

茹で野菜は、4~5日分をまとめて作って冷蔵に入れておきましょう!

我が家で特に重宝するのは、ブロッコリー。ブロッコリーは低糖質な上にお腹にもたまって、毎日のように朝食に食べます。

ほかにも、ほうれん草や小松菜をまとめて茹でておいて、食べる時に醤油やドレッシングで味付けをします。

葉物野菜は低糖質なので、すぐに食べられるように常備しておくと便利です。

野菜スープ

野菜たっぷりのスープをまとめて作っておくと、朝温めるだけで栄養たっぷりの朝食が出来上がります。

野菜スープの具材は、葉物野菜やベーコンやハムなどを多めにし、糖質の多いじゃがいもは、入れないようにしましょう!チーズを入れても美味しいですよ。

プレーンヨーグルト

ヨーグルトも朝食にピッタリです。

気を付けたいのは、味付きのヨーグルトではなく、砂糖の入っていないプレーンヨーグルトを選びましょう。

味付きのヨーグルトは、砂糖や缶詰のフルーツが入っていて、少しの量でも糖質量が高くなります。

さいごに

いかがでしたか?

朝は、ほんとに時間がなくバタバタです。いかに時間をかけず、手間をかけずに低糖質で栄養のある朝食が用意できるかがポイントになります。

作り置きでもいいですし、すぐに食べられる市販の食品でも構わないので、自分にあった方法を選んでみてくださいね。





スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ
ブログランキング

ランキングに参加しています
記事がよかったら、ポチッと押してもらえると励みになります。

にほんブログ村 ダイエットブログへ

よろしければ、シェアしてください♪

フォローする

スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ