糖質制限に納豆はOK?知らないと絶対損する!納豆のあれこれ

糖質制限初心者の場合、何が困るってやっぱり食べ物ですよね。何を食べたらいいのか、何を食べたらだめなのか。いろいろ考えすぎてわからなくなったり。いいと思っていたものが、実は糖質がめちゃくちゃ高かったり。

そんなこんなで、面倒になってフェードアウト・・・。これ、本当にもったいない!どんなダイエット方法より、楽に・簡単に痩せられるのが、糖質制限ダイエット。

今回は、納豆についてのよくある疑問や、納豆の糖質量・利用方法などをご紹介します。




糖質制限で納豆は食べても大丈夫?

これは、糖質制限を始めたばかりの方によくある疑問です。

結論から言うと、糖質制限で納豆を食べてもOKです。ただ納豆は大丈夫なんですが、そのほかの豆類は全般的に糖質が高い食べものです。

納豆がOKだから、小豆やそら豆も大丈夫!と思ってガンガン食べてたら、必ずダイエットに失敗します。なので、ここは間違えないようにしましょう。

納豆以外の糖質量は糖質制限で効果を出すには?まずはOK食材・NG食材を知ろう!を参考にしてください。

糖質制限で納豆 納豆の糖質量は?

では、納豆の糖質量を見てみましょう。

納豆100g中の糖質量は、だいたい4.6g~5.4gです。(納豆の種類によって若干差があります)スーパーなどで売られているパックに入った納豆は、だいたい1パック40g~50gほど。

50gと考えても、1パックの納豆の糖質量は2.3g~2.7g程度です。ちなみに、厚生労働省が定義している低糖質な食品の糖質量は「100g当たりの糖質量が5g以下」となっているので、これから考えても、納豆は十分低糖質な食品といえます。

糖質制限で納豆 納豆に付属しているタレは使っていいの?

メーカーによって、タレの原料もバラバラですし、お砂糖も含まれている場合が多いので、あんなに少ないタレの量でもそれなりに糖質はあると思います。

ですが、そうはいってもタレ1つで、糖質が10gも20gもあるわけではありません。原材料にもよりますが、あっても糖質1g程度だと思います。

なので、そこまで気にする必要はないでしょう。それぞれのメーカーがその納豆に合ったタレを作っているので、美味しくいただくためにも付属のタレの糖質量は気にしなくていいと思います。

もちろん気になる方は、自分で用意した低糖質のタレを使ってくださいね。

糖質制限で納豆 糖質制限以外では?驚きの7つの効果

納豆は糖質が低く、糖質制限向きの食品です。ですが、納豆は低糖質以外にもたくさんのおすすめポイントがあるんです。

1.ナットウキナーゼで血液サラサラ

納豆には、納豆を作る過程で作られる「ナットウキナーゼ」という栄養成分が入っています。これは納豆にしかない成分で、血液をサラサラにしたり、動脈硬化や心筋梗塞などの、血液系の病気を予防する効果があります。

2.大豆イソフラボンで、更年期障害・骨粗しょう症予防

「大豆イソフラボン」って、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?お化粧品なんかにも入っていますよね。

イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをしてくれるため、ホルモンバランスを保つ効果があると言われています。それにより、ホルモンバランスが壊れることによって起こる、更年期障害の予防に効果があります。

また、骨粗しょう症や乳がん予防の効果も期待できます。さらには老化防止の効果も!

3.ポリアミンで美肌!

納豆にはポリアミンという成分が含まれています。このポリアミン、細胞の再生に不可欠な成分で、細胞のターンオーバーを促してくれるんです。つまり、アンチエイジング効果があるということ!

ポリアミンは新陳代謝を活発にするので、肌の老化で起こる、シミ・シワ・くすみなどを防ぐ効果があります。

4.納豆レシチンで記憶力アップ!認知症予防にも

レシチンは、記憶に関係する神経伝達物質を作ることを促してくれます。なので、記憶量アップや認知症予防に効果が期待できます。

受験生や高齢者の方にはとても気になる成分ですね!

5.食物繊維で便秘改善!

納豆にはたくさんの食物繊維が含まれています。食物繊維は腸内をキレイにしてくれる効果があります。腸がキレイな人は肌もキレイと言われるくらい、腸内環境はとても大事です。

糖質制限を始めると最初の頃は便秘になる人も多いので、納豆を食べて便秘予防に役立てましょう。

糖質制限で便秘になった時は、即効性のある食べ物は!?糖質制限で便秘になった時の対処法を参考にしてみてください。

6.ビタミンBで肌トラブル改善!

納豆にはビタミンBも豊富に含まれています。ビタミンBには、細胞の再生や成長を促す効果があるので、肌トラブルの改善に効果があります。また健康な肌や、ツヤのある美しい髪が期待できます。天使の輪も夢じゃない?!

7.カルシウムで丈夫な骨に

納豆は、カルシウムも豊富です。カルシウムといえば骨を作るのに必要ですね。特に成長期のお子さんや高齢の方には必要な栄養成分です。カルシウムは吸収しにくいと言われていますが、納豆には吸収率を上げてくれるタンパク質が入っているので、効率よくカルシウムを摂ることができます。




糖質制限で納豆 納豆を効果的に食べるには

糖質制限はもちろん、それ以外にも驚きの効果が期待できる納豆ですが、どうやって食べるのが効果的なのでしょうか。

1.納豆は加熱せずにそのまま食べる

納豆に入っているナットウキナーゼは70度以上の熱に弱いので、加熱はせずにそのまま食べるのがオススメです!

また納豆は発酵食品なので、寝かしておくと発酵が進み栄養成分が増えていきます。ですので、買ってきてすぐ食べるというよりは少し冷蔵庫などで寝かせておいて、賞味期限ギリギリで食べるのがオススメ!栄養分が一番高いときに食べると効果的です^^

2.夕食時に食べる

ナットウキナーゼは血液をサラサラにしてくれる効果があり、その効果は食べてから12時間ほどといわれています。

血栓は夜寝ている時に一番できやすいので、ナットウキナーゼの効果を発揮するには、危険な時間帯・つまり寝ている間に作用してくれるように、納豆は夜食べるのがオススメです。

糖質制限に納豆はOK?知らないと絶対損する!納豆のあれこれまとめ

・納豆は低糖質なので、糖質制限にOK

・納豆は低糖質以外にも、驚きの効果がある

・納豆を効果的に食べるには、加熱せずそのまま食べる

・食べるタイミングは、夜食べると効果的!

糖質制限にはもってこいの納豆ですが、それ以外にも驚きの効果がいっぱい!1日1パックを目安に、納豆で糖質制限を楽しみましょう!



こちらの記事もオススメです!

朝食はコンビニで糖質制限ダイエット&おすすめ低糖質レシピ
糖質制限が世の中に浸透して、スーパーやコンビニも低糖質商品がますます増えてきました。 糖尿病などで糖質制限をしている方...
糖質制限の便秘の解消法 便秘にはオイル(脂質)が即効性あり!
糖質制限をしていると、かなりの確率で便秘になりますよね。私もそうでした。でも、最近、ある方法を実践したら便秘が治ったんです!(≧▽≦...






スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ

よろしければ、シェアしてください♪

フォローする

スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ