バレンタインの由来や意味まとめ

バレンタインデーって、考えるだけでソワソワと幸せな気持ちになりますよね。

バレンタインデーは、日本だけじゃなくていろいろな国で幸せな愛の日とされています。

そこで、「バレンタインデーについて歴史や由来」などについて調べてみました。




バレンタインとは

日本だけじゃなくて世界中で2月14日は「愛を伝える日・バレンタインデー」とされています。

大切な人に愛をこめてチョコレートやプレゼントを贈るのです。

バレンタインの由来は?

バレンタインデーの「バレンタイン」とは、実は人の名前からきています。

この「バレンタイン」とは、3世紀ごろのキリスト教の司教「ヴァレンティヌス」という人のこと。

このヴァレンティヌスがいたローマ帝国では、皇帝が軍の兵士たちの結婚を禁じていました。

兵士たちが「生きて帰りたい」と考えることで軍の士気が下がると考えられていたからです。

これに抵抗したのがヴァレンティヌス司教でした。

結婚を禁じることが人の自然な気持ちに反するとして、ヴァレンティヌス司教は皇帝に内緒で兵士の結婚を取り計らいました。

しかし、これがローマ皇帝に知られてしまい、ヴァレンティヌス司教は処刑されてしまいます。

その、処刑された日が2月14日だったのです。

その後、ヴァレンティヌス司教によって結ばれたカップルたちは、ヴァレンティヌス司教の命日を「愛の日」として、司教に感謝の気持ちを捧げるようになりました。

これがバレンタインデーの起源なのです。




バレンタインにチョコレートをあげる意味は?

バレンタインデーにチョコレートをあげるのは、実は日本だけです。

そして、日本でなぜチョコレートを贈るようになったかというと、実はチョコレートメーカーやデパートのキャンペーンから始まったものなのです。

メーカーやデパートは、チョコレートをたくさん食べてもらうために、「バレンタインデーに好きな人にチョコレートを贈ろう」というキャンペーンを打ち出しました。

最初はあまり普及しませんでしたが、その習慣を広めて定着させたのは、やはり女の子。

甘くてかわいいチョコレートに気持ちを込めて贈るイベントが女の子たちの心をつかんだのですね。

※バレンタインおすすめチョコレートはこちら。

バレンタイン人気チョコブランド厳選10選!おすすめはこれ!

日本でチョコをあげるようになったのはいつ?

日本のバレンタインデーの始まりについては、説がいくつかありますが、有力だと言われているのが以下のふたつです。

・昭和33年にメリーチョコレートカムパニーが始めたという説

・それより前の昭和11年に神戸のモロゾフ製菓が提唱したという説。

モロゾフ製菓が外国人向けの英字新聞に「あなたの愛しい人(バレンタイン)に、チョコレートを贈りましょう」という広告を掲載したのです。

チョコレートメーカーが提唱したバレンタインデーですが、チョコレートは恋に効くお菓子とも言われています。

やはりチョコレートはバレンタインデーにふさわしい贈りものですね。




外国と日本の違いは?

日本のバレンタインデーは、女性に向けて「好きな男性にチョコレートを贈りましょう」というところから始まりました。

そこから日本のバレンタインデーはいろいろな形に発展していきました。

職場の上司に贈る「義理チョコ」、同性の友達に贈る「友チョコ」、男性から女性に贈る「逆チョコ」、自分への「自己チョコ」など、今はたくさんの気持ちをチョコレートに込めています。

バレンタインデーが近づくと、お店にはチョコレートがたくさん並ぶのでチョコレート好きにはうれしいですよね。

この時期に自分へのごほうびチョコを買う人もたくさんいます。

では、外国ではどんなバレンタインデーを過ごすのでしょうか。

イタリア

「愛と情熱の国イタリア」はヴァレンティヌス司教がいた国ですので、まさにバレンタインデー発祥の国です。

イタリアではバレンタインデーは「恋人たちの記念日」と言われていて、おたがいにプレゼントを贈り合います。

贈るものに決まりはなく、花やジュエリー、下着などを贈り、ロマンティックなバレンタインディナーを楽しみます。

アメリカ

男性から女性にジュエリーや花などを贈ります。

そして、レストランを予約したり自宅で料理を作ったりして女性をもてなします。

海外ドラマでバレンタインデーのシーンを見たのですが、どのカップルもドレスアップしてすてきなレストランやムーディーに飾った自宅でディナーを楽しんでいました。

タイ

男性から女性へバラの花を贈ります。

「愛の日」であるバレンタインデーにプロポーズや入籍をするカップルも多いんですよ。

スペイン

バレンタインデーは「恋人の日」と言われていて、恋人同士がお互いにプレゼントを贈り合います。

スペインには2月14日のほかに「愛の日」がもう1日あります。

それが、4月23日の「サン・ジョルディの日」で、恋人や仲のいい友達と本や花を贈り合います。

「サン・ジョルディの日」は、日本でも本屋さんで提唱されていますが、もとは「愛の日」だったんですね。




バレンタインの由来や意味まとめ

バレンタインデーは、命を懸けて若者たちの愛を結んできたヴァレンティヌス司教の命日が起源になっていたんですね。

日本では愛の日という意味合いが薄れつつありますが、友達やお世話になった人への気持ちをあらわすのもいいことです。

また、外国のバレンタインデーのようにロマンティックで愛に満ちた1日を過ごすのもいいですね。






スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ

よろしければ、シェアしてください♪

フォローする

スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ