クマのプーさん展2019 見どころやグッズは?音声ガイドは葵わかなさん!

東京渋谷の文化村ミュージアムで開催される、クマのプーさん展。

今回、とっても貴重な原画や資料が展示されるとあって、いまとっても話題になっています。

日本では、東京渋谷の文化村ミュージアムと大阪あべのハルカス美術館で開催され、クマのプーさん展の内容はどちらも同じです。

ということで、今回は、貴重なプーさんの作品が見られるクマのプーさん展の「見どころやプーさんグッズについて」ご紹介します。

美術展にはかかせない、音声ガイドの声の担当者もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!




クマのプーさん展2019東京 概要

まずはクマのプーさん展の基本情報を抑えておきましょう。

<くまプーさん展 基本情報>

開催期間 2019年2月9日(土) 〜 2019年4月14日(日)
会館時間 10:00 〜 18:00※毎週金・土曜日は21時まで(入館は各閉館の30分前まで)
休館日 毎週金・土曜日は21時まで(入館は各閉館の30分前まで)
会場 Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷・東急本店横)
住所 〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂 2-24-1 Bunkamura B1F
アクセス方法 ・JR/渋谷駅(ハチ公口)より徒歩7分
・東京メトロ・銀座線、京王・井の頭線/渋谷駅より徒歩7分
・東急・東横線、東急・田園都市線、
・東京メトロ・半蔵門線、東京メトロ・副都心線/渋谷駅(3a出口)より徒歩5分 
駐車場 なし ※周辺の有料パーキング・東急本店駐車場を利用
問い合わせ 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
サイト くまのプーさん展公式サイト


出典:公式くまのプーさん展

スポンサーリンク

クマのプーさん展2019 クマのプーさんとは?

みんな大好き、クマのプーさん。ディズニーランドでも、くまのプーさんのアトラクションが大人気ですよね!

でも、クマのプーさんはちゃんと原作者がいるんですよ。

クマのプーさんの原作者は、作家の A.A.ミルンと挿絵画家の E.H.シェパード(アーネスト・ハワード・シェパード)の2人で、児童小説として1926年に出版されました。英語名は「Winnie-the-Pooh」。

この二人が生み出したクマのプーさんの物語が、今では世界中で愛されるキャラクターに♪

そんなクマのプーさんのモデルは、原作者のA.Aミルン(アラン・アレクサンダー・ミルン)の息子クリストファー・ロビン・ミルンと、彼が持っていたクマのぬいぐるみ(テティベア)なんですよ(^^)

A.Aミルンは、息子とそのクマのぬいぐるみをモデルに、クマのプーさんのお話しを作りました。

ちなみにクマのプーさんのモデルになったぬいぐるみは、クリストファー・ロビン・ミルンの1歳の誕生日プレゼントとして、ハロッズで購入したぬいぐるみだそうですよ。

さすがハロッズ!昔から有名なお店だったんですね(^^)ハロッズでは、今でも当時と同じモデルのテディベアを販売していて、子どもに大人気なんですよ♪

1926年に出版された原作のクマのプーさんは、現在では50以上の言葉に翻訳されて世界中で5000万部以上のシリーズ本が出版されています。

なお、作家の A.A.ミルンと、挿絵画家の E.H.シェパードが作ったプーさんは、「クラシック・プー」と呼ばれ、ディズニーのくまのプーさんの「ディズニー・プー」とは区別しています。

というのも、ディズニーの「ディズニー・プー」と原作「クラシック・プー」では雰囲気が全っているんです!

ディズニーのプーさんは、表情も豊かでみんなの人気者といったイメージですが、原作のクラシック・プーは、表情がはっきりとせず、まさに「ぬいぐるみ」としてそこに存在しています。

今回東京渋谷で開催される「クマのプーさん展」は、鉛筆で描かれた「クラシック・プー」の原画がイギリスからたくさん来日します!

とっても貴重な原画がこんなにたくさん日本に来ることはめったにないので、ぜひ足を運んでみてみてくださいね。

しばらくは混雑が予想されるので、混雑回避方法を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

クマのプーさん展2019 見どころ

クマのプーさん展2019 貴重な原画がイギリスから来日

今回のクマのプーさん展の最大の見どころは、イギリスロンドンにある「ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(略称V&A)」から、貴重な原画か来日すること!

この「クマのプーさん」の原画は、1973年に「クマのプーさん」の挿絵画家のE.H.シェパードが、270点以上にもおよぶ原画や資料をヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(以下V&A)に寄贈したことから始まります。

今回のクマのプーさん展は、この貴重な原画や資料のコレクションを展示。ちなみに、貴重なコレクションをメインにした作品展は今回が初めてなんですって!

この原画コレクションを中心とした作品展は、母国イギリス(ロンドン)を皮切りに、アメリカ(アトランタ・ボストン)を回り、2019年2月、ついに日本で開催されます!

クマのプーさん展2019 クマのプーさんの誕生秘話がわかる

さらにシェパードは、原画の他にも写真や手紙といった制作資料なども博物館に寄贈。

それらの資料も今回のプーさん展でV&Aから持ち込まれ、大人から子供まで愛されるクマのプーさんがどうやって生まれたのか、作られたのかがわかる展示作品になっています。

クマのプーさんといえばディズニーしか知らなかった人も、実はクマのプーさんは児童小説が原作で、しかもクマのプーさんの物語には、原作者A.Aミルンやシェパードたち家族たちも関わっているなど、知らなかったことがたくさん!

今まで知っているようで知らなかった、クマのプーさんの誕生秘話がこの作品展で全てわかりますよ♪

クマのプーさん展2019 プーさんの森のモデルが存在

クマのプーさんの原作と言われている本は2冊あり、

・1926年に出版された「クマのプーさん」英語名「Winnie-the-Pooh」

・1928年に出版された「プー横町にたった家」英語名「The House at Pooh Corner」

の2冊がクマのプーさんの原作と言われています。

この2冊は全部で20編の短編小説であり、児童文学です。

物語の中のクマのプーさんたちは「百町森(百エーカーの森)」で暮らしていますが、実は今もロンドン郊外にある「アッシュダウンの森 」がモデルになっています。

ロンドンから南に1時間のところにある「アッシュダウンの森」には、多くの観光客が訪れていて、イギリスに留学している日本人も訪れています。

モデルになった「アッシュダウンの森」は、現在もプーさんの世界を思わせる自然いっぱいの森なんですよ。森の中には、物語に出てくる「プーさんの橋」もありますよ(^^)

森のそばには、プーさんのグッズやプーさんのスイーツを味わうことができるお店もあるそうです。プーさんファンにはたまらないお店。イギリスに行ったらぜひ行ってみたいですね!

スポンサーリンク

クマのプーさん展2019 プーさん展は全部で5章

クマのプーさん展は5章に分かれていて、それぞれの章でプーさんの仲間や物語を楽しむことができます。

第1章は、クマのプーさんの物語の誕生秘話

第2章は、貴重な原画でたどるお話

第3章は、挿絵画家のシェパードがクマのプーさんに吹き込んだ技の数々

第4章は、クマのプーさんが本になるまで

第5章は、クマのプーさんのグッズ・商品紹介

それぞれ内容の濃い展示になっているようなので、楽しみですね!

クマのプーさん展2019 キャラクター

クマのプーさんにはプーさんとクリストファー・ロビンの他にも、いろんなキャラクターがいますよね。

ということで、プーさんに登場するキャラクターをご紹介します。

クマのープーさんキャラクター プー

© The Shepard Trust. Images courtesy of the Victoria and Albert Museum, London.

出典:クマのプーさん展公式サイト

言わずと知れた、プーさん物語の主人公、プーさん。ハチミツが大好きな優しいクマです。

クマのープーさんキャラクター クリストファー・ロビン

© The Shepard Trust. Images courtesy of the Victoria and Albert Museum, London.

出典:クマのプーさん展公式サイト

しっかり者のクリストファー・ロビン。原作者A.Aミルンの息子がモデルになっています。

クマのープーさんキャラクター コブタ

© The Shepard Trust. Images courtesy of the Victoria and Albert Museum, London.

出典:クマのプーさん展公式サイト

プーさんの親友、コブタ。プーさんよりもかなり体が小さくてかわいいですよね!

クマのープーさんキャラクター トラ―

© The Shepard Trust. Images courtesy of the Victoria and Albert Museum, London.

出典:クマのプーさん展公式サイト

強気の発言となぜか騒動になってしまうキャラクター。

クマのープーさんキャラクター イーヨー

© The Shepard Trust. Images courtesy of the Victoria and Albert Museum, London.

出典:クマのプーさん展公式サイト

ネガティブ思考なイーヨー。損な役回りになることが多い。

クマのープーさんキャラクター ウサギ

© The Shepard Trust. Images courtesy of the Victoria and Albert Museum, London.

出典:クマのプーさん展公式サイト

いつも忙しくしているウサギ。行動力があり仕切り屋さん。

クマのープーさんキャラクター フクロウ

© The Shepard Trust. Images courtesy of the Victoria and Albert Museum, London.

出典:クマのプーさん展公式サイト

森一番の物知りさん。フクロウといえば、知識のある動物として描かれることが多いですが、プーさんの中でも頭のいい役どころ。

クマのープーさんキャラクター カンガ&ルー

© The Shepard Trust. Images courtesy of the Victoria and Albert Museum, London.

出典:クマのプーさん展公式サイト

とっても面倒見のいいお母さんカンガ。いろんなものに興味があるルー。

スポンサーリンク

クマのプーさん展2019 音声ガイドは葵わかなさん

クマのプーさん展をガイドしてくれる声を担当するのは、朝ドラ「わろてんか」にも出演していた「葵わかなさん」。

とってもキュートな笑顔がステキですよね!葵わかなさんのとっても優しい声色は、プーさんの優しくて繊細な原画にピッタリです。

さらに、原作クマのプーさんの語りを務めるのは、声優の青森伸さん。アニメーション『くまのプーさん』完全保存版のナレーター役、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ ギブズ航海士役、映画『プーと大人になった僕』ナレーター役などを担当されています。

音声ガイドの貸出料金は、1台550円。

美術館の音声ガイドは、作品展をより深く楽しむためにとっても重要です。

東京上野で開催されたフェルメール展では、チケット料金に音声ガイド料も入っていたので無料で借りることができましたが、やはり音声ガイドがあるのとないのでは作品の理解度が全く違いますよ。

個人的には、美術展に行くときは必ず音声ガイドをレンタルするようにしています。

作品をより理解するためには、音声ガイドを借りるのをおすすめします。

<クマのプーさん展 音声ガイド料>

◎音声ガイド料金:550円

◎ナレーション:葵わかなさん

◎語り:青森伸さん

スポンサーリンク

クマのプーさん展2019 プーさんグッズ・商品

クマのプーさん展では、会場限定販売のグッズが200点以上も販売されるそうですよ♪

中でもとっておきの特別なグッズが!

クマのプーさんの原作者A.Aシェパードさんの鉛筆画を使ったグッズが販売されます♪

これは、ここでしか手に入らない貴重なグッズ♪しかも、今まで一度も作られたことがないそうです!

これはもう、絶対に手に入れたいグッズですね!


他にも、クマのプーさん展でしか手に入らない貴重なアイテムも販売されますよ(^^)

また、V&A直輸入のピンバッチが付いたお得な限定グッズ付き前売券も販売されています。グッズ付きチケットは前売り券のみの販売で、しかも数量限定です。

ピンバッチ単体での販売も行っていますが、チケットとセットの方がお得になりますよ(^^)

出典:クマのプーさん展公式サイト

プーさんグッズをお得に手に入れたい人は、お早めにグッズ付き前売り券をゲットしてくださいね!

プーさん展潜入レポートはこちら!とってもかわいいプーさんにテンション上がりまくりです♪プーさん展限定のグッズもたくさん紹介していますよ
クマのプーさん展2019潜入レポート!感想や口コミ、グッズ紹介!待ち時間や所要時間も

クマのプーさん展2019 プーさん図録

出典:クマのプーさん展公式サイト

ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)がクマのプーさん展に合わせて作った、プーさんの公式図録も販売されます!

プーさんの初版の原画や、原稿・書籍からの引用がこれでもかとてんこ盛りに入っていますよ。

プーさん図録「 クマのプーさん原作と原画の世界」を呼んで、クマのプーさんの魅力や人気の理由が分かるようになりますよ(^^)

<クマのプーさん展 図録価格>

◎「 クマのプーさん原作と原画の世界」プーさん図録:2700円(税別

※プーさん展のチケット情報はこちら

クマのプーさん展2019東京 前売りチケット料金や当日券は?予約方法も

クマのプーさん展2019東京 混雑状況は?リアルタイムで知る方法や混雑回避方法は?

クマのプーさん展2019大阪 前売りチケット料金や当日券は?予約方法も

スポンサーリンク

クマのプーさん展2019 見どころやグッズは?音声ガイドは葵わかなさん!

クマのプーさん展についてご紹介しました。

ぜひこの機会に貴重な原画を楽しんでくださいね!






スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ

よろしければ、シェアしてください♪

フォローする

スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ