関門トンネル人道入口(門司側)駐車場やアクセス方法は?距離や料金も紹介

本州の最西端の山口県下関市と九州最北端の福岡県北九州市の門司。
この九州と本州をつなげているのが、「関門大橋」と「関門トンネル」。

なかでもトンネルは

・車専用の「関門トンネル」
・人が歩いて渡れる「人道の関門トンネル」

の2つがあり、歩いて渡れる「関門トンネル人道(歩行者用海底トンネル)」は観光スポットとしても大人気!

ということで今回は、実際に行ってみて分かった「関門トンネル人道(門司側)の駐車場&アクセス方法」について詳しくご紹介します。

人道トンネルの通行料金や禁止事項、門司側の駐車場情報やバスなどでの行き方(アクセス方法)について解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!




関門トンネル人道の入口は?(門司側)

車で門司側の関門人道トンネル入口に行くには、「関門トンネル人道」といった看板や標識は出ていないので、初めての人はわかりにくいと思います。

門司側の関門トンネル人道入口は、「和布刈(めかり)神社」の少し先にあります。
なので、門司側から関門トンネル人道に行きたい人は「和布刈(めかり)神社」を目指しましょう!

関門人道トンネル入口に行く途中に、めかり公園やノーフォーク広場、和布刈神社があります。これらをを過ぎると、関門人道トンネル入口に到着しますよ。

左手に和布刈(めかり)神社が見えたら、あと少し!
200mほど進むと、右手側に関門トンネル人道入口が見えます(^^)

ちなみに、門司側の関門トンネル人道は「県道265号線」です。

<関門トンネル人道入口へのアクセス方法>

とにかく「和布刈(めかり)神社」を目指す!

①和布刈神社に行く途中にある大きな鳥居をくぐる
②左手に「ノーフォーク広場」の駐車場が見える
③更に進むと、左手に和布刈神社が出現
④和布刈(めかり)神社の200mほど先の右手が関門トンネル人道入口

スポンサーリンク

関門トンネル人道の駐車場は?(門司側)

関門人道トンネル入口の駐車場は、人道トンネルの建物の先120mほど進んだ右手に駐車場入口があります。

右手に関門トンネル人道の入口が見えたら「120m右折 展望台駐車場」の看板が建っています。この先の右側に駐車場に上がる坂があります。

コレ↓

駐車場は無料ですが、10台ほどしか停められません。

しかもちょうどカーブになった場所なので、駐車場入り口がわかりにくいです。
私はわからずに、スルーしてしまいました(笑)

なので関門トンネル人道駐車場は、建物を過ぎた先のカーブを曲がって、すぐ右側が駐車場入口と覚えておきましょう。

もし展望台駐車場が満車の場合、関門トンネル人道入口の先に「和布刈公園塩水プールの駐車場」があります。

こちらは広くてわかりやすいです(笑)ただし屋外プールなので、夏場だけ開放しているのかもしれません。

また、関門トンネル人道の手前にある「ノーフォーク広場」の駐車場も、広くて停めやすいですよ。

<関門トンネル人道の駐車場3つ 門司側>

関門人道トンネル入口の建物の120m先に、10台ほどの専用駐車場がある

②関門トンネル人道入口の300mほど先に、和布刈プールの駐車場がある(夏場だけ?)

③関門トンネル人道入口の500mほど手前に、ノーフォーク広場の駐車場がある

スポンサーリンク

関門人道トンネル入口(門司側)バスで行くには?

門司側の「関門人道トンネル入口」にバスで行くには

・西鉄バスの74番の「和布刈行き」に乗る
・「関門トンネル人道口」で下車

となります。

「門司港駅」から乗車し「関門トンネル人道口」で下車します。所要時間は約10分です。
関門人道トンネル入口は、西鉄バス「関門トンネル人道口」バス停すぐそばです。

ただしバスは1時間に1本と本数が少なく、バスでのアクセスは不便です。

もしどうしてもバスを使うのなら、門司側ではなく下関側に渡ってからバスに乗りましょう。
下関駅から関門トンネル人道入口(下関側)へのバスは、1時間10本以上の高頻度で運行しています。

交通の便もばっちりです!

<下関駅⇔関門トンネル人道入口(下関側)までバスで行く方法>

・下関駅から乗車し、御裳川(みもすそかわ)で下車
・所要時間は約12分
・運賃は260円

「下関駅」から「みもすそ川(御裳川)」への路線図はこちら。

サンデン交通路線図

サンデン交通(株)HP

スポンサーリンク

関門人道トンネル入口(門司側)徒歩やタクシーは?

門司港駅から関門人道トンネル入口まで約2.4kmなので、歩くと30分ほどかかります。

お天気のいい日や大人であれば、お散歩しながら歩くのもいいですね!

ただし、小学生などの子供は歩くのは少し厳しいかもしれません。幼稚園児や保育園児なら徒歩はやめたほうがいいでしょう。

門司港駅付近からタクシーを使う場合、料金は1000円前後です。

帰りは、関門トンネル人道入口までタクシーを呼ぶが、バスで門司港駅まで降りることになります。

<関門人道トンネル入口 徒歩やタクシーで行く方法>

◎徒歩:門司港駅から歩いて約30分
◎タクシー:門司港駅から1000円前後

関門人道トンネル入口(門司側)トロッコ列車で行くには?

門司側の関門トンネル人道入口のアクセス方法として、門司港レトロの観光列車「トロッコ列車・潮風号」を使って行くこともできます。

トロッコ列車は、観光客に大人気!特に夏休みや春休みは、子供連れの家族で大賑わいです。

トロッコ列車を使う場合は、トロッコ列車終点の「関門海峡めかり駅」で下車し、そこから徒歩10分ほどで関門人道トンネル入口に到着します。

なお、トロッコ列車の乗車券にはお得なチケットが用意されています。

1日フリー乗車券(大人600円、小児300円)

1日間、門司港レトロ観光線「潮風号」が乗り降り自由!

関門海峡クローバーきっぷ(大人800円、小児400円)

・門司港レトロのトロッコ観光列車
・下関側のサンデンバス(みもすそ川~唐戸)
・門司港から唐戸市場に船で行ける関門汽船(下関唐戸~門司港)

が各1回ずつ利用できる、めちゃめちゃお得な「関門海峡クローバーきっぷ 」があります。

下関の唐戸市場や関門海峡水族館、門司港レトロの両方を楽しめる、欲張りなチケットがおすすめです!

ただしトロッコ列車の運行期間は、3月上旬から11月末までの土・日・祝日運行。
(3月23日~4月7日、4月27日~5月6日、7月20日~8月31日の間は毎日運行)

12月から2月に行く人は、トロッコ列車は使えません。

夏休みや春休み、ゴールデンウイークは毎日運航しているので、ぜひ利用してみてくださいね!

<門司港レトロ観光トロッコ列車「潮風号」の概要>

◎運行期間:3月上旬から11月末までの土・日・祝日運行。
(3月23日~4月7日、4月27日~5月6日、7月20日~8月31日の間は毎日運行)

◎所要時間:10分

◎運行駅:九州鉄道記念館駅・出光美術館駅・ノーフォーク広場駅・関門海峡めかり駅

◎チケット料金:大人600円、小児300円※お得なクローバーチケットあり

◎チケット販売場所:トロッコ列車の各駅

関門トンネル人道は電動レンタサイクルがおすすめ!

関門トンネル人道に行くには、電動自転車のレンタルがおすすめです。

門司港駅周辺の門司港レトロ地区にある「JOYiNT門司港 門司港ステーション」では、1日800円で電動自転車の貸し出しを行っています。

電動自転車なら、坂道もラクラク♪しかも20円払えば、自転車も関門トンネル人道を通ることができます。

自転車で関門トンネルを渡って下関側に行き、唐戸市場やカモンワーフ、海響館などを満喫することもできますよ。

また、子供を2人乗車出来る「3人乗り電動アシスト自転車」や、「電動アシスト付きクロスバイク」、「電動アシスト付モトクロスバイク」もあります(※ただし台数限定)。

これなら、車がなくても大丈夫ですね!

<門司港レトロ レンタサイクル>

◎一般利用利用料金:800円/日(※2019年1月3日(木)より料金改定)
◎利用時間:10:00~18:00(※11月~3月の間は、10:00~17:00)
◎詳しくはこちら⇒JOYiNT門司港 門司港ステーション

関門トンネル人道 料金や通行時間は?

関門トンネル人道の通行可能時間は6:00~22:00です。

通行するのにかかる料金は以下の通りです。

・自転車・原付(50CC以下): 20円

・歩行者:無料

徒歩なら無料で渡れるのはうれしいですね!

自転車、原付(50cc以下)で渡るときは、エンジンを切って必ず押して通行しましょう。

スポンサーリンク

関門トンネル人道 犬や猫は通れる?

関門トンネル人道は、犬や猫といったペットの持ち込みは禁止です。

犬と一緒にお散歩したい人という人もいると思いますが、ここは潔くあきらめましょう。

関門トンネル人道 所要時間や距離は?

関門トンネル人道の距離は、約780m

歩いた場合の所要時間は、約15分です。

関門トンネル人道 若松屋のおでんがおいしい!

門司側の人道トンネル入口のすぐそばに、「若松屋」という食堂があります。

中では食事をすることができますし、店頭では美味しいおでんも売っています。

夏はかき氷も売っています♪メチャメチャ暑かったので、子供たちはみんなかき氷を食べましたが、おでんのいい匂いに誘われておでんも食べました。

このおでんが、メチャメチャおいしい!しっかり味が染みていてほっとする味です。
おでんは店先のベンチに座って食べることができます。

門司側の関門トンネル入り口に行ったら、ぜひ若松屋にも行ってみてくださいね!

スポンサーリンク

関門トンネル人道 歩いた渡った感想

関門トンネル人道を歩いて通ったのは、子供のころ以来!
かなり久しぶりでしたが、すごく楽しかったです。

関門トンネル人道内はクーラーが付いています。あまり涼しくはなかったですが、外の灼熱の太陽に比べたら過ごしやすかったですね。

まずエレベーターで下に降ります。

こちらが、門司側のトンネル入口。

写真スポットもたくさんありますよ♪

スタンプラリーもあります♪

関門トンネル人道は福岡県と山口県の県境に向かってゆるい下り坂になっていて、山口県と福岡県の県境を超えると、今度は入口に向かって緩い上り坂になっています。

上り坂、下り坂といってもほとんどわからない程度なので、歩いていてもツラくありません。

夏休みということもあって、トンネル内は観光客でいっぱい!
トンネル内をジョギングしたりウォーキングしている人も多くいました。

確かに雨風をしのげるし、暑さ寒さに左右されることがないので、ランニングするにはピッタリですね!

山口県と福岡県の県境。跨いでみました。

トンネルの壁には、海の中を表現するかわいいイラストが描かれています。

もう少しでトンネル出口です!

下関側に到着!

下関側の関門トンネル人道入口です。

下関側の関門トンネル入り口には、すぐ目の前に20台ほど停められる駐車場があります。

目の前には「みもすそ川公園」があり、源義経と平知盛像や長州砲のレプリカなどが展示されています。

目の前は海と門司側が!

門司から下関まで関門トンネル人道を歩いた所要時間は、約15分。距離は780mで、往復するのにもちょうどいい散歩コースです。

山口県と福岡県の県境まで来て引き返す人もいましたが、どうせなら下関側まで渡り切って山口県から門司側の岸を眺めるのをおすすめします。

下関側の地上に出ると、火の山やみもすそ川公園などの観光スポットがあります。

また、唐戸市場も近いですよ。バスの本数も多く、12分ほどで唐戸市場に到着します。

ぜひ、山口側にもわたってみてくださいね!

スポンサーリンク

関門トンネル人道 アクセスと行き方

高速道路利用の場合

北九州都市高速の「春日」で下車

電車利用の場合

鹿児島本線の「門司港駅」下車

<関門トンネル人道入口 門司側概要>

◎住所:〒801-0855 福岡県北九州市門司区大字門司 関門トンネル人道入口

◎電話:083-222-3738

◎通行可能時間:6:00~22:00

◎料金:歩行者無料、自転車・原付 20円※自転車・原付は押して通行

関門トンネル人道入口(門司側)の駐車場やアクセス方法は?距離や料金まとめ

関門人道トンネル入口の門司側の駐車場やアクセス方法についてご紹介しました。

海の中のトンネルを歩いて渡る貴重な観光スポット。

「関門トンネル人道入口」は全国的も有名な観光スポットで、毎日全国から多くの観光客が訪れます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ
スポンサーリンク

よろしければ、シェアしてください♪

フォローする

スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ