平尾台の千仏鍾乳洞 おすすめの服装や料金は?ロッカーや更衣室も!

福岡県北九州市にある平尾台。

カルスト台地で有名ですよね。

実はこの平尾台、いくつも鍾乳洞があるって知ってましたか?

中でも一番おすすめなのが、千仏鍾乳洞!もうね、まるで冒険をしているかのように狭い洞穴の中をぐんぐん進んでいくのは、子供だけでなく大人もスリル満点!

しかも途中からは、水の中を歩いて進むという、まるで映画に出てくるような探検がリアルにできるとっても楽しい鍾乳洞です。

しかも夏は涼しいというより寒い!いっしょに行った、小学3年生と幼稚園児も大興奮でしたよ♪

ということで今回は、「夏に行く平尾台の鍾乳洞 千仏鍾乳洞のおすすめの服装や入場料金」についてご紹介します。

アクセス方法や駐車場情報についてもまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね。




平尾台の千仏鍾乳洞 夏は大人気!行列ができることもあり

平尾台の千仏鍾乳洞は、北九州市の観光スポットして大人気です。

人気の秘密は、とにかく涼しい!いや、寒い!(笑)ほんとに夏でも寒いくらいなんですよ♪とくに、千仏鍾乳洞の奥に行くと「奥のほそ道」という水の中を歩く場所があるのですが、ここの水がつめたい!!

この水、一年中温度が14度なので、暑い夏でも足がしびれるぐらいの冷たさです。外では「暑い、暑い」と言っていたのに、この水に足を入れると「寒い、寒い」に変わります(笑)

なので、7月~8月は大人気!特に夏休みに入ると、子供連れの家族や大学生のカップルでいっぱいになります。

また、あまりの人気のため夏休みの土日祝日ともなると大混雑で、待ち時間が40分や1時間待ちのこともあります。

実際に、夏休みの土曜日のお昼ごろ千仏鍾乳洞に行くと、鍾乳洞の一番近い駐車場はいっぱいで、ちょっとはなれた臨時(?)駐車場も満車の状態。

さらに、待つなら45分ほど待つことになるといわれ、泣く泣くあきらめました(><)

でも、リベンジで行った夏休みの平日は、すんなりと入ることができました(^^)とはいっても、鍾乳洞の中は人がいっぱいでしたけどね。

とにかく毎日ジリジリと照りつける夏の暑さにうんざりしているなら、北九州市の平尾台にある千仏鍾乳洞がおすすめ!

北海道や海に行くよりも、手軽に・楽しく・さらに冒険いっぱいのスリルも楽しむことができますよ♪




平尾台の千仏鍾乳洞 おすすめの服装・持ち物

平尾台の千仏鍾乳洞に行くなら、とにかく服装が重要!

上でも少し紹介しましたが、千仏鍾乳洞の奥に進むと水の中を歩く場所があります。しかも、この水の高さは大人のひざの上ぐらいまであります。

大人でもひざぐらいの水位なので、子どもだと太ももの辺りまできます。例えば

5歳児・約110cm⇒ふとももまで

・8歳児・約135cm⇒ひざ少し上まで

水の高さがありました。

なので、千仏鍾乳洞の「奥の細道」に入るなら、必ず事前準備が必要です。

135cmぐらいの子ども。ひざまで水がきています。

ということで、千仏鍾乳洞に行くのに「必要な服装」や「おすすめの道具」についてご紹介しますね。

◎平尾台 千仏鍾乳洞 おすすめの服装と持ち物

<おすすめの服装>
・半ズボン・短パン
・サンダル・ぞうり
・薄手のカーディガン
※子どもは、水着やラッシュガードがおすすめ

<持ち物>
・タオル
・着替え

<あると便利なもの>
・防水カバー・ケース(スマホ・携帯用に)
・ヘッドライト(照明がない一番奥の場所に行く場合)




千仏鍾乳洞 おすすめの服装

まずは服装から見てみましょう。

水のある「奥の細道」まで行くのなら
◎半ズボン・短パン
◎サンダル・ぞうり

は必要です。

さらに、寒がり人は
◎薄手のカーディガン

などの羽織るものがあると便利です。

奥に行くほど上から水がポタポタ落ちてくるので、ラッシュガードでもいいですね(^^)

<千仏鍾乳洞 オススメの服装>

◎半ズボン・短パン
◎サンダル・ぞうり
◎薄手のカーディガン
◎水着・ラッシュガード(小さな子ども・堀サク門よりさらに奥に行く人)

※女性は更衣室があるので、短パンなどを持参して着替えてもOK
※サンダルは無料で貸し出ししています

半ズボン・短パン

奥の細道の水の水位は、大人のひざ下ぐらいまであります。

なので、半ズボン、もしくは短パンを履いていきましょう。長ズボンでも、ひざ上までまくり上げられるものならOKです。

女性の場合は「更衣室」があるので、着替えを持っていけば着替えることもできますよ(^^)ただし、更衣室が利用できるのは女性のみです。

私はジャージの短パンを持っていって、女性専用の更衣室で着替えました。

サンダル・ぞうり

水の中を歩くので、足元は濡れてもいい「サンダル」か「ぞうり」にしましょう。

クロックスなどが便利ですね。

もしサンダルを持っていかなくても、千仏鍾乳洞の入り口で無料でサンダルを貸し出ししています。

子供用から大人用まで、かなりの数が用意されていますよ。ただし、混雑している場合は全部貸し出されている可能性もあります。

また、3歳・4歳・5歳あたりの子どもだと足に合うサイズがないかもしれません。

特に未就学児ぐらいの小さな子どもは、自分の足のサイズに合ってないとすぐに脱げたり転んだりするので、できれば子どものサイズにぴったりのサンダルやクロックスを用意していくのがおすすめです。

この写真に写っている草履は全て無料貸し出しです。その奥のカゴにもサンダルが山積みにされています。




水着・ラッシュガード

奥の細道の水は、大人だとひざ下ぐらいまで、子どもだと太ももまで水位があります。

なので、子供は水着やラッシュガードの着用がおすすめです。

というのも、子どもはかなりの確率で、バランスを崩して水の中に手をついたり転んだり、お尻をぬらしたりして服が濡れます(^^;

なので、未就学児や小学校低学年の子どもなら、濡れても大丈夫な水着やラッシュガードを着せて入ることをオススメします(^^)

水着を着ていなくても、子どもの着替えは必須ですよ!

また大人でも、羽織ものとしてラッシュガードを使ってもいいですね(上から水のしずくが落ちてくるので)

ちなみに、堀サク門の先(照明がなくなる場所)にいく場合は、必ず水着とラッシュガードが必要です。その先はもっと水が深くなり、さらに滝があるのでびしょ濡れになりますよ。

薄手の羽織るもの

千仏鍾乳洞の中は、一年中気温が16℃なので、中に入るとひんやりとします。

入った瞬間は「わあ!涼しい♪」となりますが、電気の照明がある一番奥の「堀サク門」までは往復20分~30分かかります。

なので、最初は涼しくてもだんだん肌寒くなります。

しかも水の中を歩くと、さらに体感温度が下がりめちゃめちゃ寒くなります(笑)

なので寒がりの人は、薄手のカーディガンなどの羽織ものがあると便利ですよ(^^)

濡れても大丈夫なように、ラッシュガードもおすすめですよ。




千仏鍾乳洞 持ち物

千仏鍾乳洞に持っていく持ち物は

◎タオル
着替え

が必要です。

さらに、鍾乳洞の中に防水仕様になっていないスマホの場合は、
◎防水ケース(スマホ・携帯用)

また、照明がなくなる「地獄トンネル」や「題三の滝」までいく場合、
◎ヘッドライト

が必須になります。

<千仏鍾乳洞 持ち物>

◎タオル
◎着替え
防水ケース(スマホ・携帯用)
ヘッドライト(照明がない場所に行く人)

タオル

タオルは必須です!

特に水の中を歩く人は、水から上がるときに足を拭くのに必要ですし、上からポタポタと落ちてくる水を拭くのに便利ですよ(^^)

子連れなら、必ずといっていいほど、どこかしら濡れちゃいますし(笑)

なので、家族連れなどの人数が多い場合は、タオルを2~3枚用意しておくのがおすすめです。また、1枚は鍾乳洞の中に持って入りましょう。

できれば手ぶらで中に入りたいので、タオルは首からかけておくといいですよ(^^)

着替え

着替えもあるといいですね!

◎濡れた場合の着替え
◎短パンなどの「鍾乳洞用の着替え」

の2パターンがあります。

大人なら大丈夫かもしれませんが、万が一濡れた場合に備えて、ズボンやスカートなどのボトムスの着替えを1枚持っていくと安心です。

子どもも一緒なら、着替えは必須です。子どもの場合は、おもいっきり転ぶ可能性もあるので、パンツや肌着の着替えもあると安心ですね(^^)

また女性の場合、短パンなどの「鍾乳洞用の着替え」を持っていきましょう。

特にデートだと、短パンで一日いる訳にもいきませんし(笑)なので、デート中はミニスカートで、鍾乳洞用の短パンを持っていくといいですね。

女性は更衣室があるので、そこで着替えましょう!

お知りまでぐっしょり濡れています(笑)




防水ケース・カバー

スマホが防水タイプでない場合は、防水ケースがあると安心です。

特に照明がなくなった先、堀サク門より先に行く場合は、防水ケースは必須です。なんせ、堀サク門の先は、滝がありますから。

奥の細道までなら、落としたりしなければ大丈夫ですよ。

ちなみに私は、いままで防水ケースなしでスマホで写真を撮っています。

ときどき上から落ちてきた水滴がスマホに当たることもありますが、特に問題は起こっていません。またスマホを落としたこともありません。

ヘッドライト

ヘッドライトは、照明のある場所より先に行く人は必ず必要です。

というか、普通の人は照明がなくなる場所(堀サク門)で折り返します。

ですが、実はその先もまだ千仏鍾乳洞は続いていて、奥にはいると滝が3つあります。さらに堀サク門よりもさらに水位が深くなり、大変なことになっているそうです。

真っ暗な上に水位も上がって、さらに人が通るのがやっとの細い空間。と思ったら、うえから滝の水が滝行のように落ちてくる・・・。

私はまだ行ったことがありませんが、行った人の話によるとかなりの苦行らしいです・・・。子供連れは、ぜったに行ってはいけない場所ですね(^^;




平尾台の千仏鍾乳洞 ロッカーや更衣室はある?

平尾台の千仏鍾乳洞 ロッカー

平尾台の千仏鍾乳洞には、ロッカーがあります(有料)。

鍾乳洞の中で物を落とすと大変ですよね。なので、貴重品や濡れて困るものはロッカーに預けていきましょう。

また、洞窟の中は狭い場所もあるので、できるだけ両手を開けていくほうがいいですよ。

ロッカーは、

・小ロッカー(駅でよく見る大きさ)

・大ロッカー

の2種類があります。

小ロッカー↓

大ロッカー↓

ロッカーの料金は、

◎小ロッカー:100円
◎大ロッカー:200円

になっています。

ロッカーの鍵を紛失すると罰金があるので、ご注意くださいね!

平尾台の千仏鍾乳洞 更衣室

千仏鍾乳洞には、更衣室があります。

ただし女性専用です。男性用はありません。

ロッカー室の横の階段を下に降りると、女性専用の更衣室とトイレがあります。

簡易的な部屋ですが、着替えるだけなら十分です。

ここで用意しておいた短パンや半ズボンに着替えましょう。また、濡れた服を着替えたりするのにも使えますよ♪




平尾台の千仏鍾乳洞 入場料と営業時間

千仏鍾乳洞 入場料金

平尾台の千仏鍾乳洞の、入洞料(入場に必要な値段)をご紹介しますね。

<平尾台 千仏鍾乳洞 入場料金>

料金
大人 800円
高校生 600円
中学生 500円
小学生 400円
幼児 無料

※幼児の人数が多い場合は有料。問い合わせしてください。
※高校生の方は、高校の学生証をお見せください。
※障害者の方は、本人のみ半額。証明書をお見せください。
※30名以上2割引/修学旅行・遠足に限り5割引
※貸し草履無料
(但し、お子様のサンダルなど数に限りがありますので、サンダルの持参は歓迎)

千仏鍾乳洞 営業時間

千仏鍾乳洞の営業時間は、土日祝日・平日で若干違います。

また、冬は日没で営業終了になるので、通常の終了時間より繰り上がることがあります。

営業時間
平日 9:00 ~ 17:00
土日祝日 9:00 ~ 18:00

※ ただし、秋・冬季は日没まで
冬季の入洞受付は、平日、土・日・祝日に関わらず16時15分まで

平尾台の千仏鍾乳洞 おすすめの服装や料金(入場料)は?まとめ

北九州市の平尾台にある千仏鍾乳洞の、オススメの服装や入場料金、注意点などについてご紹介しました。

ほんとに楽しくてスリル満点の鍾乳洞なので、ぜひ遊びに行ってみてくださいね。

特に夏はおすすめですよ(^^)






スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ

よろしければ、シェアしてください♪

フォローする

スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ