ゴディバチョコの種類は?トリュフなど種類別に説明!

高級チョコレ―トで知られるゴディバ。
口に入れるとチョコの味が濃厚で、とってもおいしいですよね。

バレンタインデーやギフトにもピッタリ!

そんなゴディバのチョコレートには、プラリネ・カレ・ガナッシュ・トリュフ・キャラメルという5つの種類のチョコレートがあります。

ゴディバチョコレートの中では基本の種類ですが、種類ごとの特徴を知っておくと、買うときの参考になって便利です。

今回は「ゴディバのチョコの種類について」ご紹介します。
ぜひ、誕生日プレゼントや母の日、父の日といったお祝いの参考にしてみてくださいね。




ゴディバチョコの種類 プラリネ編

出典:GODIVA

最初は『プラリネ』。

プラリネは、ヘーゼルナッツやアーモンドをメインに使ったペーストに、カカオバター、フレーバーを混ぜたチョコレートのこと。

ゴディバでは、プラリネに使われているヘーゼルナッツが最高級品。
そのヘーゼルナッツを焙煎し、砂糖と合わせてとても細かく砕きます。
その後、時間をかけてゆっくりと熟成させることで、滑らかさと香りを引きだすのです。

また、プラリネは、ゴディバの中でも種類が多いチョコレートです。
定番商品の一覧はこちら。

・クール
・トルビヨン プラリネ
・エクラ フィユティーヌ
・モザイク マカダミア
・クール ブラン
・ルーン プラリネ
・ペルレ アモンド
・クルスティン

1つずつチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

クール

ヘーゼルナッツプラリネを、ミルクチョコレートでコーティングしたチョコレートです。
ハートの形が可愛いですね。

トルビヨン プラリネ

ヘーゼルナッツプラリネを、ミルクチョコレートで包んだチョコレートです。
中が似ていますが、クールとは形が違いますね。

エクラ フィユティーヌ

ヘーゼルナッツプラリネと、クレープ生地を細かくしたフィユティーヌを、ミルクチョコレートで包んだチョコレート。
上にはヘーゼルナッツが飾られています。

モザイク マカダミア

マカダミアナッツとビスケット、砕いたアーモンドを餡がけしたヌガティンという3つの味が混ざり合うチョコレート。
コーティングにはミルクチョコレートが使われています。

スポンサーリンク

クール ブラン

ヘーゼルナッツプラリネを、ホワイトチョコレートでコーティングしたチョコレート。
クールと名前が付くだけあり、見た目はクールの商品に似ていますね。
どちらも可愛いです♪

ルーン プラリネ

ヘーゼルナッツプラリネを、ミルクチョコレートでコーティングしたチョコレート。
三日月のような見た目が特徴ですね。

ペルレ アモンド

アーモンドクリームと、ミルクチョコレートを合わせたチョコレート。
丸いころんとした形が可愛いチョコレートですね。

クルスティン

ビスケットをソフトプラリネで包んだ後、ホワイトチョコレートでコーティングしたもの。
ホワイトチョコレートでコーティングされているものは、プラリネではクールブランとクルスティンだけですね。

コーティングするチョコレートや、ビスケットなどを混ぜることで、プラリネでありながらも少しずつ変化させているのですね。

色々と種類があるので、誕生日プレゼントなどにも喜ばれそうです。

スポンサーリンク

ゴディバチョコの種類 ガナッシュ編

続いて『ガナッシュ』。

ガナッシュは、チョコレート・クリーム・牛乳などを混ぜたもの。
牛乳やクリームが混ざっていることで、まろやかさが楽しめるチョコレートとなっています。

また、ガナッシュも多くの種類がありますよ。
定番商品の一覧はこちら。

・シグネチャー レ
・レディ ノア
・トルビヨン 85
・ルーン パッションフルーツ
・クール ノア

こちらも1つずつチェックしていきましょう。

シグネチャー レ

外はミルクチョコレート、中にはコーヒーフレーバーのダークチョコレートガナッシュが入ったチョコレート。
上にのっている葉っぱのようなデザインがよいですね。

レディ ノア

外はダークチョコレート、中はバニラのホワイトチョコレートが入っているもの。
ただの丸いチョコレートに見えますが、上には女性の模様がありますよ。

トルビヨン 85

何が85?と思ったら、中にカカオ分85%のダークチョコレートが入っていました。
外もダークチョコレートが使われているので、甘いものが苦手な人でも食べやすそうです。

ルーン パッションフルーツ

外にはダークチョコレート、中にはパッションフルーツを混ぜたホワイトチョコレートガナッシュが入ったもの。
ルーンと名前が付くだけあり、プラリネの「ルーンプラリネ」と形が似ていますね。

クール ノア

ダークチョコレートガナッシュを、ダークチョコレートで包んだチョコレート。
トルビヨン85よりは甘いですが、ダークチョコレートが使われているので、ビターな印象です。

ガナッシュは形が様々なので、見た目でも楽しめるチョコレートとなっています。
お中元やお歳暮の時など、詰め合わせを贈ると喜んでもらえそう(*^^*)

スポンサーリンク

ゴディバチョコの種類 キャラメル編

次は『キャラメル』。

キャラメルは、生クリーム・砂糖・バターなどを溶かしながら混ぜ、冷やすことで出来上がります。

GODIVAでは、キャラメルショコラという名前で販売されていますよ。
クリーミーさと、コーティングにはビターチョコレートを使っているので、ビターさが味わえるチョコレートです。

疲れた時のご褒美に良さそうなチョコレートですね。

スポンサーリンク

ゴディバチョコの種類 カレ編

続いて『カレ』。

見た目の通り、四角いという意味を持つカレ。
カカオの味をしっかりと感じながら食べられるチョコレートです。

また、カレも定番に4種類あります。
定番商品の一覧はこちら。

・カレ ミルク
・カレ 50% ダーク
・カレ 72% ダーク
・カレ ホワイト

こちらも1つずつチェックしてみましょう!

カレ ミルク

定番のミルクチョコレートです。
ベージュ色の包み紙が目印ですね。

カレ 50% ダーク

カカオ分が50%入っているダークチョコレート。
包み紙に50と入っているので、72%と見分けが付きますね。
包み紙の色はライトブラウン。

カレ 72% ダーク

こちらがカカオ分72%のダークチョコレート。
包み紙はダークブラウンで、後ろに72と書かれています。

カレ ホワイト

甘さが引き立つホワイトチョコレート。
包み紙はゴールドになっています。

チョコレートの種類を変えることで、味わいを変化させていますね。
そのままの風味が感じられるので、勉強の時や仕事の時にも良さそうです。

スポンサーリンク

ゴディバチョコの種類 トリュフ編

出典:GODIVA

最後は『トリュフ』。

トリュフは、高級食材のトリュフと見た目が似ていることから付けられました。
GODIVAのトリュフはチョコレートを2層にし、さらにその中にガナッシュを詰め、まわりにココアパウダーや、ストロベリーパウダーなどをまぶしたもの。

トリュフにも、様々な種類があります。
定番商品の一覧はこちら。

・トリュフ トラディショネル
・トリュフ アメール
・トリュフ スペキュロス
・トリュフ フレーズ
・トリュフ フランボワーズ
・トリュフ クレーム ブリュレ
・トリュフ アモンド ミエル
・トリュフ プラリネ ブラジリエンヌ
・トリュフ プラリネ アモンド
・トリュフ ムース バニーユ ミエル
・トリュフ ムース ドゥ レ
・トリュフ カプチーノ
・トリュフ ムース 抹茶
・トリュフ キャラメル サレ

トリュフは、種類が今まで紹介したものよりも多いですね。
こちらも1つずつチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

トリュフ トラディショネル

ミルクチョコレートムースをダークチョコレートで包み、ココアパウダーをまぶしたトリュフ。

トリュフ アメール

ダークチョコレートガナッシュを、ダークチョコレートで包んだ後、カカオ分72%ダークチョコレートをまぶしたトリュフ。
黒いと言われていますが、ダークチョコレートがふんだんに使われているからですね。

トリュフ スペキュロス

シナモンスペキュロススムースをミルクチョコレートでコーティング。
その後、スペキュロスをまぶしています。
スペキュロスはクッキーの1種です。

トリュフ フレーズ

ストロベリーを混ぜたミルクチョコレートムースに、ホワイトとダークのチョコレートを包み、さらにストロベリーパウダーをまぶしたトリュフ。
いちごの香りが良いトリュフチョコレートです。

トリュフ フランボワーズ

こちらはラズベリーピューレをダークチョコレートムースに混ぜ込み、ダークチョコレートで包んだ後、ラズベリーパウダーをまぶしたトリュフチョコレート。
甘酸っぱい香りが特徴のトリュフですね。

トリュフ クレーム ブリュレ

中が2層にわかれていて、上にホワイトチョコレート・下にキャラメルのガナッシュが入っています。
ダークとホワイトのチョコレートでコーティングした後、上にブラウンシュガーがかかっているトリュフチョコです。

スポンサーリンク

トリュフ アモンド ミエル

はちみつが入ったアーモンドプラリネをミルクチョコレートで包んで、キャラメルをコーティングしたアーモンドがのっているチョコレート。
とげとげした見た目が特徴ですね。

トリュフ プラリネ ブラジリエンヌ

ヘーゼルナッツプラリネをミルクチョコレートで包んで、キャラメルをコーティングしたアーモンドがのっているチョコレート。

「トリュフ アモンド ミエル」と見た目が似ていますが、外側にアーモンドが使われているからですね。

トリュフ プラリネ アモンド

アーモンドと、クレープ生地のフィユティーヌを混ぜたカカオ43%のダークチョコレートプラリネに、ミルクとダークのチョコレートでコーディングしたチョコレート。
小粒ですが、山のような見た目になっています。

トリュフ ムース バニーユ ミエル

中が2層になっていて、上がバニラムース、下がはちみつを混ぜ込んだガナッシュになっています。
ダークチョコレートで包んだ後、ホワイトチョコレートをまぶしたトリュフチョコ。

トリュフ ムース ドゥ レ

カカオ分43%のミルクチョコレートムースに、ミルクチョコレートを包んだ後、ココアパウダーをまぶしたトリュフ。
こちらも「プラリネ アモンド」と同じく、山のような形をしています。

トリュフ カプチーノ

画像では左の方になります。
カプチーノムースをダークチョコレートでコーティング後、ホワイトとミルクチョコレートのフレークをつけたトリュフ。

トリュフ ムース 抹茶

抹茶ムースをミルクとダークのチョコレートでコーティングした後、抹茶パウダーをまぶしたトリュフ。
中でも外でも抹茶なので、香り良く抹茶の風味を楽しめます。

トリュフ キャラメル サレ

塩を混ぜたキャラメルを、ミルクとダークのチョコレートでコーティング。
上にダークチョコレートを細かくした粒をのせたトリュフです。

トリュフはたくさんの種類があって迷ってしまいますね。
パーティーのスイーツとして出すと、盛り上がること間違いなしです。

スポンサーリンク

まとめ

以上「ゴディバのチョコの種類について」お伝えしました。

大まかには5種類ありましたが、それからまた種類があるので、ゴディバのバリエーションの豊富さにびっくりしてしまいますね(^^;

食べる際は、GODIVAを思う存分味わってくださいね(^^)

スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ
スポンサーリンク

よろしければ、シェアしてください♪

フォローする

スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ