スープと麺で10g以下の低糖質ラーメン!

こんにちは、アコです。

ラーメン、らーめん、拉麺。

ラーメンって、ときどき無性に食べたくなります。特に夜中のラーメン。こってりしたトンコツラーメン、いいですね~。あっさりとした塩味も捨てがたい。でも、個人的には味噌ラーメンが大好きです。豪快にすすってスープまで飲み干す。あ~、食べたい!

でも、糖質制限中は絶対にNG。

そんな時、自炊で簡単にあなたの望みを叶えられるんです!今回はとっておきの秘策をお伝えします。




ラーメン店で食べるラーメンの糖質量は?

まずは、ラーメン店の糖質量を知っておきましょう。

もちろん、お店によってもスープの種類によっても、糖質量は全く変わってきますが、中華麺だけでも最低50g~70gはあります。そこにスープの種類、しょうゆ味だったり、豚骨味だったり、塩味だったり・・・によって、さらに糖質が上乗せされます。

さらにさらに!ご飯を頼んでラーメンライスにしたり、餃子を頼んだりすれば、とんでもない糖質量に!下手すれば、1回の食事で糖質100gを超えることにもなりかねません。

こうなってくると、もうお手上げです。とても糖質制限中にラーメンなんて、考えただけでも恐ろしいですよね。

でも、どうしてもラーメンが食べたい!という時のとっておきの方法があるんです!

低糖質ラーメンを簡単に美味しく作る方法。市販のラーメンスープを使う!

私がよく行くスーパーは、うどんやラーメンなどの生麺が売っているチルドコーナーに、たくさんの種類のラーメンスープの素が置いてあります。

どこのスーパーにも、ビニールに入れられた茹でたうどんや生麺など、チルド麺が置いてあるチルドコーナーがありますよね。だいたいその辺りに、ラーメン用のスープの素がたくさん置いてあるんです!

しかも、本格的な味なのに、糖質量がけっこう低い!

ここに写っているのは、ほんの一部です。スーパーには、もっとたくさんの種類のラーメンスープが売っています。しかも値段が60円~と超安い!高くても100円ぐらいです。私はいつも何種類か買っておいて、その日の気分でスープを使い分けています。

肝心の糖質量ですが、最低はなんと2.9g!ちょっと高めの10g越えのスープもありますが、それでも低糖質麺で食べれば、まったく問題ありません。

麺だけではちょっと寂しいので、ここにザクザク切っただけの、キャベツやほうれん草、小松菜などの野菜を入れたり、フライパンで炒めただけの肉を乗せたり、卵を落としたり。

もう、それだけで十分栄養満点!さらにスープが、麺と具にもしっかり絡んで、こんなに簡単なのに超美味しい!

低糖質なのに、お腹いっぱいの「本格低糖質自炊ラーメン」の出来上がりです!

麺もスーパーで簡単に手に入る!0麺や低糖質麺を使おう

低糖質ラーメンなので、もちろん麺も低糖質麺を使います。こちらもスーパーで簡単に手に入ります。びっくりなのが、イオンの自社ブランド、トップバリュも低糖質麺を販売していること。

イオンはスイーツにしても、麺にしても低糖質商品に力を入れているんですね!大手スーパーが低糖質商品を扱ってくれるのは、糖質制限者にとってはホントに喜ばしいことです。

紀文の「糖質0麺の平麺タイプ」が写っていませんが、こちらも普通にスーパーに売っています。紀文の麺が糖質0に対し、トップバリュの麺はほんの少し糖質があります。といっても1gにも満たないのですが。

あと、主な原材料はほとんど変わらないのですが、触感が少し違います。

特徴としては、

●紀文の0麺はあまり噛みごたえがなく、プチプチ切れる感じ

●トップバリュの麺は噛みごたえはあるが、コンニャク感が強い

という違いがあります。どちらもほぼ糖質0なので、あとは好みの問題でしょうか。

他にも低糖質麺で有名な、マルサンアイのソイドルなどがあります。こちらはネット通販で購入できます。

このラーメンスープを使えば、どれだけ麺をおかわりしても、お腹いっぱい食べても、糖質10g以内に収めることができます!スープによっては、5gもいかないかも^^

まとめ

◎ラーメンスープをスーパーで手に入れる

◎麺は低糖質麺を使う

◎野菜や肉などの低糖質な食べ物を具すると、低糖質で栄養満点!

◎麺の替え玉をしても、糖質10g以内!

こんなに簡単で手軽なのに、本格的でめちゃくちゃウマいラーメンが家で食べれる。しかも値段も安い!ラーメンが食べたくなったら、ぜひこの記事を参考にしてみて下さい。美味しいラーメンが食べられること、間違いありません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が、少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ
ブログランキング

ランキングに参加しています
記事がよかったら、ポチッと押してもらえると励みになります。

にほんブログ村 ダイエットブログへ

よろしければ、シェアしてください♪

フォローする



スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ