糖質制限中でも飲める、お酒の種類とオススメのアレンジ方法

こんにちは、アコです♪

忘年会、クリスマス会、年始の飲み会、何かにつけてお酒を飲む機会が多くなるこの季節。

糖質制限ダイエット中だからといって、お酒の席を断るのも気が引けるし、自分も一年の締めとして、お酒が飲みたいですよね!

前回、糖質制限ダイエット中でも飲んでOKなオススメのお酒を伝授しましたが、今回はTPOに合わせたお酒の種類や、おすすめのお酒の飲み方をお伝えします!

糖質制限ダイエットでお酒は飲める?オススメのアルコールはこれ!
こんんちは、アコです♪ お酒って大人の交流の場には、かかかせませんよね。 お酒が苦手という人でも、カクテルや梅酒...




同僚との飲み会では何を飲む?居酒屋編

【居酒屋でのオススメのお酒と飲み方】

・乾杯の生ビールは避けるべし!

・ハイボール(ウイスキー+炭酸水)がオススメ

・焼酎の水割り・炭酸割り・お茶割りがオススメ

・甘いチューハイはNG

乾杯の生ビールは避ける

会社の帰りにちょっと1杯。なんてこと、よくありますよね。

「糖質制限ダイエット中だから」と断るのが一番いいのですが、毎回断っていると人間関係にも支障が出かねません。

たいてい男性、特に家族持ちのサラリーマンは、低料金な居酒屋を利用することが多いです。実は居酒屋は家計にやさしいだけでなく、糖質制限ダイエット中の人にも優しいお店なんです(*´Д`)

居酒屋はおつまみから主食まで、いろんなジャンルの食べ物があるので、糖質制限中でも食べられる低糖質な食べ物が必ずあります。もちろん、居酒屋には糖質オフのお酒が揃っています!しかも低料金!^^

ただ気を付けて欲しいのが、最初の1杯。

当たり前のように「生ビール」の注文を聞かれますよね?ここで、「生ビールの人~!」なんて言われて、つられて手を上げないように!(^^;)

ビールは100gあたりの糖質量が3gです。

お店にもよりますが、生ビール中ジョッキで、だいたい350mlの缶ビール1本分ぐらいなので生ビール(中ジョッキ)の糖質量は、約10.5gです。

中ジョッキ1杯飲んだだけで、スーパー糖質制限食(1回の糖質量20g以下)なら、半分いってしまします。

ロカボな緩い糖質制限(1回の糖質量40g以下)でも、よほど気を付けて食べ物や2杯目以降のお酒を頼まないと、あっという間に1食の糖質量をオーバーしてしまいます。

居酒屋での定番、「1杯目の生ビール」は必ず避けましょう!

1.一押しは「ハイボール」

ハイボールは、ウイスキーに炭酸水を混ぜたお酒です。ウイスキーの糖質は0gなので、炭酸水を混ぜただけのハイボールは、ほぼ糖質0gです。

しかもビールと同じ、シュワシュワしたアルコールなので、みんなと一緒に乾杯するには持って来いのお酒です!(≧▽≦)ヤッタ~

2.次にオススメするお酒は「焼酎」

若い人はあまり焼酎を飲まないかもしれませんが、焼酎もウイスキーと同じ糖質0gです。

焼酎の原料は、麦・芋・米などがありますが、どれもほぼ糖質0なので、種類は関係なく飲んで大丈夫です^^

焼酎好きな人は水割りやお湯割りで飲むのが定番ですが、焼酎があまり得意でない方はお茶で割って飲むと飲みやすいですよ♪

お茶は、ウーロン茶でもいいですし、緑茶やほうじ茶で割っても美味しいです。居酒屋だとウーロン茶で割った、ウーロンハイがたいてい置いてあります。

また焼酎を炭酸水で割った、炭酸割りもオススメです。

ただし居酒屋にある焼酎を炭酸水などで割ったチューハイは、シロップを入れて甘くしたものが多いのでNGです。

味の付いてない、ただの炭酸水で割った炭酸割りがあれば頼んでみましょう!

女子会やデートでは何を飲む?イタリアン・ダイニング編

<イタリアンやダイニングでのオススメのお酒と飲み方>

・辛口タイプの赤ワイン(ボトル1本程度まで)

・ジン・ウォッカ・ラム酒などを炭酸水で割っただけのものや、生のフルーツ果

 汁で風味づけしただけのカクテル

1.一押しは「赤ワイン」

女子会や彼氏・彼女とのデートで、イタリアンレストランやダイニングバーなど、ちょっとオシャレなお店は、たぶん焼酎は置いていません(;^ω^)

置いてあるアルコールといえば、ワインやカクテル、ビールなどではないでしょうか。

ビールは避けるべきお酒なので、オススメするのは赤ワインの辛口タイプです。

ワインは白ワインより赤ワインの方が糖質量が少なく、しかもポリフェノールがたくさん入っているので、血糖値を上げにくいんです。

さらに甘口より辛口タイプの方が糖質量も少ないです。

1人で赤ワイン1本開けるのはかなり酒豪だと思うのですが、赤ワインの辛口タイプであれば、ボトル1本(750ml)飲んでも糖質量15g程度です。

ワインはガブガブ飲むものではないので、お料理と一緒に、ゆっくり時間をかけて楽しみながら飲みましょう!

2.ジン・ウォッカ・ラム酒ベースの辛口カクテル

次にオススメなのが、ジン・ウォッカ・ラム酒を使ったカクテルです。ただし、カクテルは全体的に飲みやすいように甘いシロップや砂糖がたっぷり入ったものが多く、カクテルを飲むなら、糖質の少ないものを選ぶ必要があります。

カクテルの中でも低糖質なお酒は、ジンをベースにしたものは比較的糖質が低いです。特に、「ジン・リッキー」と言われる、ジンを炭酸水で割ってライムで風味付けしたものは、ほとんど糖質がなく、さっぱりとした味わいです。

ただカクテルはお店によってアレンジも加わるので、カクテルを頼むときは何が入っているのか、お店の人に聞くのが確実です。

ベースのアルコールに、炭酸水で割っただけのカクテルや、生のフルーツ果汁を絞って入れて風味づけしただけのものなどは、糖質オフのカクテルといえるでしょう。

自宅・家パーティーでは何を飲む?家飲み編

【家飲み・自宅パーティーでのオススメのお酒と飲み方】

・糖質オフ・糖質カット・糖質ゼロの発泡酒・ビール(栄養表示で糖質量確認)

・液状のラカントSやパルスイート カロリーゼロを使って、甘いお酒が作れる

・炭酸水の代わりに「コカ・コーラ ゼロ」を使って、味のバリエーションを広げる

1.糖質オフ・糖質カット・糖質ゼロの発泡酒・ビール

家飲みは外で飲むよりも安く、また人目も気にせずリラックスして飲むことができるので、とってもオススメです。

最近では経費を安く上げるために、自宅でパーティーや女子会を開く人も多いですよね(*´ω`*)

自宅でテレビや映画を見ながらの一人飲みは、スーパーやコンビニで買える、缶のアルコールが便利です。

今は体脂肪や健康に気を付ける人が多くなったせいか、糖質オフや糖質カットのアルコールが多く販売されていて、糖質制限中の人にはありがたい世の中になっています。

最近では「糖質0」のビールも販売されているので、ぜひ活用しましょう!

「糖質オフ」のビールや発泡酒はそれなりに糖質が入っていますが、市販のお酒は栄養成分表示が必ず載っているので、買うときに糖質量をチェックすれば、安心して飲むことができますよ^^

2.低糖質アルコールを使った、オリジナルカクテル

女子会などのパーティーであれば、赤ワインはもちろんのこと、自分好みの糖質カットのカクテルを作る事もできます!

外食での甘いお酒は砂糖などが入って糖質が高くなりますが、家飲みの場合は液体状の「サラヤ ラカントS 」や「大正製薬 パルスイートカロリーゼロ」を使うと、甘いカクテルが作れちゃいます(≧▽≦)

サラヤ ラカントS 液状

大正製薬 パルスイートカロリーゼロ 液状タイプ 300g

ベースとなるジンやラム酒・ウォッカを炭酸水で割って、液状タイプの血糖値を上げない・上げにくい甘味料を入れて、レモンやグレープフルーツの果汁をちょっと絞ると、甘くてさっぱりとしたカクテルの出来上がり!!

これは、かなりオススメです!!(≧▽≦)

また居酒屋編でもご紹介した、焼酎の炭酸水割りやハイボールも、自宅でも簡単に作ることができますし、ちょっと甘みが欲しい時は液状の「サラヤ ラカントS 」や「大正製薬 パルスイートカロリーゼロ」を使えば、甘いチューハイ・サワーも作れます^^

また「 コカ・コーラ ゼロ」は糖質0なので、これを使って焼酎のコーラ割りや、ウイスキーのコーラ割りなど、コーラ味のカクテルやチューハイも飲むことができます!

コカコーラ コカ・コーラ ゼロシュガー 500ml

家飲みはアレンジ自在の低糖質なお酒を作ることができ、しかも経済的なので、家で飲むときはぜひいろんなアレンジを楽しんで下さいね!



こちらの記事もオススメです!

糖質制限ダイエットでお酒は飲める?オススメのアルコールはこれ!
こんんちは、アコです♪ お酒って大人の交流の場には、かかかせませんよね。 お酒が苦手という人でも、カクテルや梅酒...
糖質制限中も甘いドリンクOK!オススメの飲みもの厳選7選!
こんにちは、アコです。 糖質制限中は、甘~い飲み物は飲んじゃいけませんよね。それはわかってる、わかってるけど、たまには飲みたい...
糖質制限中でもカレーが食べられる!その裏技とは?
カレーライスって、無性に食べたくなりますよね! カレー専門店の前を通った時とか、羽田空港のロビーとか。本当は違うものを食べよう...
スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ
ブログランキング

ランキングに参加しています
記事がよかったら、ポチッと押してもらえると励みになります。

にほんブログ村 ダイエットブログへ

よろしければ、シェアしてください♪

フォローする



スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ