糖質制限ダイエットで皮下脂肪は落ちないってほんと?

糖質制限ダイエットを始めると、最初のころは順調に体重が落ちてくると思います。早い人では1週間で効果が見られますし、ほとんどの人は2週間もすれば体重が減り、脂肪が落ちていることが実感できるはずです。

ですがしばらくすると、体重が落ちない、脂肪が減らないなどの停滞期を感じる人がいます。この現象は、特に女性が多いように思います。

これはなぜでしょうか?今回は、体重が落ちない、停滞期の理由についてお伝えします。

糖質制限で効果が表れるのはいつから?実体験で判明!
こんにちは、アコです。 いつもお読みいただき、ありがとうございます。 糖質制限、効果が出るっていうけど人によって...




糖質制限ダイエット 体脂肪とは?

糖質制限をすると体重が落ちるのは、糖質の代わりに脂肪が燃焼され、エネルギーとして使われるからです。糖質制限でダイエットをする目的は、この体脂肪を減らして体重を落とすことです。

ですが一言で体脂肪といっても、体脂肪には「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の2種類あるんです。

この言葉は皆さんも聞いたことがあると思いますが、この2つの違いについてはどうでしょうか?同じ脂肪でも、この2つには全く異なる特徴があるので見てみましょう。

糖質制限ダイエット 皮下脂肪と内臓脂肪の違い

皮下脂肪と内臓脂肪の違いを見てみましょう。

【皮下脂肪】

・指でつまめる脂肪

・見た目でわかりやすい

・女性につきやすい

・内臓脂肪に比べて付きにくいが、一度つくと落ちにくい

・体温を保つ役割がある

・エネルギーとして蓄えられる(長期)

・生活習慣病などの病気のリスクには問題ない

・外からの危険を守るクッションの役目がある

【内臓脂肪】

・体の中につくので、指でつまめない

・見た目でわかりにくい

・男性につきやすい

・つきやすく落としやすい

・エネルギーとして使われやすい(一時的)

・生活習慣病などの病気のリスクが高い!

このように、同じ脂肪でも全く特徴が違います。

皮下脂肪と内臓脂肪の説明としてよく例えられるのが、「内臓脂肪型の肥満はリンゴ型」、「皮下脂肪型の肥満は洋ナシ型」。

リンゴ型は内臓脂肪が内臓周辺の腸間膜というところに付くので、ポッコリお腹になり、男性に多い体型です。

洋ナシ型は下半身を中心に皮下脂肪が付くタイプで、特に女性ホルモンの影響で皮下脂肪が付きやすい女性に多い体型です。

このように体脂肪といっても内臓脂肪と皮下脂肪がありますが、この2つのうち注意しなければならないのは、内臓脂肪です。

内臓脂肪の恐ろしいところは、高血圧・心筋梗塞・糖尿病・動脈硬化などの生活習慣病や脂肪肝などの病気に直結するところです。とくに内臓脂肪は外側からは見えないので、痩せていてもお腹の中は脂肪がでっぷりとついている、「かくれ肥満」が多いんです。

逆に皮下脂肪は見た目でわかりやすく、指でつまめる脂肪です。皮下脂肪はスタイルや体型に影響するので、特に女性はこのつかめる脂肪を取りたい!落としたい!と思ってダイエットしますが、実はこの皮下脂肪はなくてはならない脂肪なんです。

もちろん付きすぎると膝に負担がかかったり、無呼吸症候群になることもありますが、生活習慣病などの病気のリスクには直接影響しません。

むしろ、エネルギーの長期貯蓄や、体温を保ってくれたり、クッションの役目など、体を守ってくれる役割があるので、ある程度の皮下脂肪は必要です。

とはいっても、ベルトの上に乗る脂肪や、太もものセルライト、下っ腹のつかめる脂肪などは落としたいですよね^^;

糖質制限ダイエット 脂肪燃焼は、内臓脂肪から!

生活習慣病や脂肪肝など、病気のリスクが高くなる内臓脂肪ですが、内臓脂肪は脂肪が付きやすい反面、落ちやすいという特徴があります。

つまり内臓脂肪は脂肪が蓄積されやすい反面、すぐにエネルギーとして使われるので、ダイエットをすると早い段階で脂肪が燃焼され、効果が得られやすいのです。

ですので糖質制限を始めると、最初に脂肪が落ちるのは内臓脂肪、そのあと皮下脂肪がゆっくりと燃焼されるということになります。

一般的に、男性の方が内臓脂肪が多いので糖質制限ダイエットで効果を実感できやすいですが、皮下脂肪が多いタイプの女性は、最初は効果が出てもすぐに停滞期に入ってしまい、思うように体重が落ちないという場合もあります。

では、皮下脂肪を落とすにはどうしたらいいでしょうか?




糖質制限ダイエット 皮下脂肪の落とし方

皮下脂肪は一度ついたらなかなか落ちないから・・といっても、落ちないわけではありません。内臓脂肪に比べると、脂肪が減るのに時間がかかるというだけです。

糖質制限を続けていれば皮下脂肪も減っていくのですが、やはり内臓脂肪に比べてなかなか落ちないので、途中であきらめてしまう人も多いのです。

特に女性は筋肉量が少ない人が多く、基礎代謝が悪いので、早く効果を出すには、筋肉をつけて代謝を上げるのが一番です。もちろん有酸素運動も効果的です。

運動については糖質制限停滞期に、誰でもできるカンタンな室内運動とは?の記事で、どんな人でも簡単にできる室内運動について詳しく書いています。こちらを読んでとにかく行動してみてください。

また、あなたの糖質制限ダイエットを、運動でさらに加速させる方法!でも、有酸素運動について詳しく書いています。

ちなみに、私も室内運動をやっています。室内だからそんなに負荷がないと思うかもしれませんが、実際はかなりハードです。

雨の日や寒い日だけでなく、空いた時間や思いついた時に手軽にできるので、室内運動はほんとにオススメです。

時間がある人は、ウォーキングやジョギングなど、外での有酸素運動もやってみましょう。

また、糖質が気になるけどどうしても糖質を摂らないといけない、糖質を食べたい!というときは、サプリメントを使うのも手です。

糖質の吸収を緩やかにするサプリメントがたくさん出ているので、これらを上手に利用してみましょう!(*´ω`*)

トライアルパックはとってもお得なので、一度お試ししてみるといいですね^^



頑張らない!サラシア配合のメタバリアS★お試し500円+税★



【ファンケル】大人のカロリミットお試し2週間分!今ならもう1袋付き♪

糖質制限ダイエットで皮下脂肪は落ちないってほんと?まとめ

皮下脂肪は急激には減りませんが、糖質制限を継続しながら有酸素運動や筋トレをプラスして基礎代謝を上げると、停滞期を脱出できます。また筋肉を増やすことで、引き締まった理想の体型を手に入れることもできます。

皮下脂肪の燃焼は長期継続が大事なので、急にハードな運動をするのではなく、週に2~3日程度を目安にやっていきましょう。

小さなことからコツコツと^^

しなやかで柔らかい筋肉をつけて、下腹の脂肪や太もものセルライトとさよならしましょう!

糖質制限で、挫折しそうになった時の対処法
糖質制限って、ほんとストレスなく続けられるんですが、でもやっぱり全くストレスフリーかというと、残念ながらそうではありません。特に初期のころな...
糖質制限でNG野菜は?糖質の多い野菜の見分け方とは?
糖質制限は主食(主に炭水化物)を食べずに、お肉・お魚・野菜をメインとした食事方法ですが、野菜なら何でもOKという訳ではありません。 ...






スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ

よろしければ、シェアしてください♪

フォローする

スポンサーリンク
テキスト&ディスプレイ広告 レスポンシブ